2011年10月11日

ひとがた流し

ひとがた流し (新潮文庫) [文庫] / 北村 薫 (著); 新潮社 (刊)
ここしばらく読んでなかった北村薫。
この前、「1950年のバックトス」を読んでちょっと挫折して、
その次に読んだのがこの本だった。

読み始めた時、章ごとに視点が変わるのと、特に人物紹介もないから
ちょっと人物関係を整理するのに時間がかかった。

中盤まで来て、やっとつかめたなと思い始めたら、衝撃の展開。

……え、そんな話だって裏表紙に書いてなかったよね!?

終盤は、涙なしには読めなかった。

千波の運命に泣きたい。
でも、こんな親友を持てたことがとても羨ましい。

私は40代になった時、何かあった時に頼れるような友人はきっといない。
というか現在でも、何かあった時に頼れるような友人はいない。

p.377の《やり直せないことが好きだ》って台詞が一番胸に刺さった。
あの時に戻ってやり直せたらどんなにいいだろう、と思い続けて
早12年の私には、とても痛い台詞だった。

2度読みしてみて、あーこんなところに伏線が張られてたのか、
というのはまた読み返す味わいがあった。

この本のレビューはどんな感じなのかなーと思いながらネットサーフィン
してたら、この話、2007年にドラマ化されてたと知って驚いた。

石川千波:沢口靖子
水沢牧子:松田美由紀
日高美々:高木美保

らしい。
私のイメージとしては、牧子と美々のキャスティングは逆じゃないかなー、
という気もする。千波は言われてみると、「あぁ、この人なら」と思った。


更に驚いたのはこの話、「月の砂漠をさばさばと」の続編だったということ。
昔読んだけど、そんなつながりがあったとは!!

確か買ったような気がするけど…と段ボール箱を開いて探したら、出てきた。
うわぁ懐かしい〜、と思いながら再読。

しかもこの話には後日談があって、それが「1950年のバックトス」に
載っていると知った。えー、途中で挫折したけど、最終話だったの!?
じゃあまた今度図書館に行ったら読んでみよ。


タグ:北村薫
posted by ルゥ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | 記事編集

2010年03月21日

ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ

http://liargame.jp/
↑開くと音が出ます。

ドラマはシーズン1を途中から、2は一通り見ました。

Yu君がギリギリ公開前日にコンビニで前売券を購入。

今日は当初、ベイシティで見る予定だったのに、うっかり前売券を
家に置いて外出してしまい、他の用を済ませてから一度帰宅。
結局、ささしまの109シネマズで見てきました。


続きを読む
posted by ルゥ at 15:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 記事編集

2009年12月23日

のだめカンタービレ最終楽章 前編

http://www.nodame-movie.jp/

ベイシティのTOHOシネマズで観てきました。
雨の中、間違えてジャスコの駐車場に停めかけてどうしようかと
思う一幕もあったけれど、何とか到着。

ここに来たのは3年ぶりですね。
前はあおなみ線で荒子川公園まで来たのが、今回は車というのが
ちょっと感慨深い?

続きを読む
posted by ルゥ at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 記事編集

2009年10月25日

ボクの初恋をキミに捧ぐ

http://bokukimi-movie.jp/

Yu君が職場で中川コロナのチケットをもらってきて、観に行きました。
実はYu君の方が先に原作を読了済みという状態(笑)
私は8巻まで読んだところで、この映画を観ました。

続きを読む
posted by ルゥ at 16:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 記事編集

2009年10月08日

読み違え源氏物語

清水義範、文芸春秋、2007年2月刊。

本題に入る前に、著者略歴を読んで著者が名古屋出身で愛教大卒という
意外に身近な人だったことに驚きました。

一通りの流れのある作品かと思いきや、全部独立していて設定も全く違う、
短編集のようなつくりになっていました。

*夕顔殺人事件*
千原という男が友人に源氏物語をめぐる推論を話す、という設定。
夕顔は殺された、という設定は他の本でも読んだことがありましたが、
実は死んでいない、という設定は初めてですねぇ。
しかも夕顔の正体は○○だった、なんて斬新ですね。


*かの御方の日記*
葵の上の日記を装った体裁で書かれています。


*プライド*
六条ゆかり、という女優と映画監督の光用(みつもち)陽一との愛執。
最後は娘と一緒に旅立っていく、という設定は源氏と同じでしょうか。


*愛の魔窟*
宇多川朱雄(=朱雀帝)と天野光一(=光源氏)の2人の間で揺れる月子(=朧月夜)のお話。
宇多川大吉(=右大臣)とか佐治頭一(=左大臣)とか宇多川弘子(=弘徽殿)とか
天野壺雄(=桐壺院)とか、連想させられる名前が使われてるのはさすが。
現代でももしこんなドロドロがあったらすごいなー。


*ローズバッド*
バッドって何だろうと思ったら蕾のことでした。
そして舞台はアメリカ、話は末摘花。
最後にジョンがキャシーにプロポーズするところがへぇ、と思いました。


*うぬぼれ老女*
タイトルからわかるように、源典侍の話。
一人称で語られていて、あまりこれまで深く関わってこなかった
彼女の心情ってこんな感じだったのかなー、と思わされました。


*最も愚かで幸せな后の話*
今回は藤壺だけど、フジツボーシャとかピカリッペとかちょっと名前は変。
藤壺は物事を深く考えられない女性、というスタンスで書かれているけれど、
実際のところはどうなんだろう、と物語ながら考えさせられます。


*ムラサキ*
リゾートマンションを営む干刈(ひかり)源一がムラサキという植物を育てる話。
愛情を込めて育てるのは、恋のようなものかもしれませんが、ある日
元の会社の社長から若菜を育てて欲しいと頼まれ・・・。
最後のオチが、本編を連想させてなかなかいい感じでした。
posted by ルゥ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古典文学 | 記事編集

2009年09月20日

恋愛身分証明書

にゃおちゃんにつられてやってみましたw

http://id.hanihoh.com/


<私の診断結果>
http://id.hanihoh.com/r/?k=a9092028664ab5fbcf72374

概ね当たってるんじゃないかと思います。
でも普段の人柄が、「本音が見えない」と「わかりやすい」が同居してるって・・・w


<Yu君の診断結果>
http://id.hanihoh.com/r/?k=a9092024794ab6058011975

相性診断をやってみたかったので、やってもらいました。
私から見た感じ、やっぱりほとんど当てはまってる気がします。


<相性診断>
http://id.hanihoh.com/r2/?k1=a9092028664ab5fbcf72374&k2=a9092024794ab6058011975
82%と良い方ではあるらしいけれど、お互いに依存症っていうのがw

2009年09月07日

ショコラティエの勲章

上田早夕里、東京創元社、2008年3月刊。
フランス語の副題は「La décoration du chocolatier」。

以前に読んだ「ラ・パティスリー」と同じ作者というか、
前作の登場人物も微妙に関わっているお話です。

主人公は神戸の老舗の和菓子店、「福桜堂」の娘にして店を手伝っている絢部あかり。
短大を出て5年務めた会社が倒産、って話が出てるので20代後半かな。


*鏡の声(Les voix du miroir)*
福桜堂の2軒隣にあるショコラトリー、「ショコラ・ド・ルイ」の
沖本と、長峰和輝があかりと出会う話。
箱のつくりが頭の中で上手く描けない、相変わらず文系頭な私(^^ゞ


*七番目のフェーヴ(La septième fève)*
結婚祝いで贈ったガレット・デ・ロワに入れたフェーヴが1個増えていた、という話。
ガレット・デ・ロワもフェーヴも、私には初耳の単語でした。
この本によると、ガレット・デ・ロワは1月6日の公現節の時に食べる
お菓子(パイ)で、中にフェーヴ(元はソラマメの意)を1個隠しておき、
切り分けて食べた時に当たった人が1日だけ「王様」になれるものだそうです。

このガレット・デ・ロワを焼いてもらったお店が前作にも登場した
「ロワゾ・ドール」でした。読んだ時には忘れていたけれど、対応
してくれた女性店員、森沢さんっていうのは夏織のことだったんですね。

そして、ショコラ・ド・ルイの沖本さんもここで働いていた経験が。
長峰さんも、恭也のことを知っている発言もあったり。
おぉ、ここでつながってるのかー。と思いつつ、夏織のどこか諦めたような
発言は何となく寂しいような気も。

恭也のもう少し詳しいその後も、どこかで書いてもらえないかなー。


*月人壮士(Un bateau-lune)*
タイトルの読みは「つきひとおとこ」。
私は初耳でしたが、万葉集に出てくる言葉でもあるそうです。
いろんなことに詳しいんだなー、と思わされる内容が出てくる話でした。


*約束(La promesse)*
長峰さんと沖本さんが以前勤めていた「パティスリー・イワタ」で出会った
梅崎さん(今はレストラン「ラ・オリヴェ」のオーナー)の話。
年月を超えて叶える約束・・・ステキです。


*夢のチョコレートハウス(La maison du chocolat de ses rêves)*
糖尿病を患っている田山さんの夢は、食餌制限のある人でも安心して
食べられるようなチョコレートを売ること、なのだそうです。
そんなお店があったらいいですよね。でも実際今の私達は、高カロリー&糖分と
引き換えに、甘いひとときを味わっているのかなとも思いました。


*ショコラティエの勲章(La décoration du chocolatier)*
あかりと長峰さんの関係、って一体・・・?
男女の友情、なのか微妙な会話だなーと思える一話。

有名なパティシエの娘であるのに、父のつくったものを拒絶していた
花梨の心の変化は見応えのあるシーンでしょうか。
長峰の、花梨への言葉は良いなと思いました。


前作と併せて、文庫化されたら買いたいです☆
posted by ルゥ at 19:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | ミステリ | 記事編集

2009年07月18日

銀朱の花 夢の誓い

金蓮花、コバルト文庫、2006年9月刊。

この後に出た本を先に読んで、タージュはおしとやかな女性かと
思ってたけれど、この本を読んで、勝気で元気な女性だったという発見。

ロッカは結構大人になった姿を先に読んでしまったけれど、幼い頃も
これはこれで可愛いですね。

とりあえず、未読のシリーズ本があと1冊あることに気付いたので、
それもまたおいおい借りて読む予定〜。
posted by ルゥ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | 記事編集

2009年07月17日

王宮ロマンス革命 花の都を旅立つ姫君

藤原眞莉、コバルト文庫、2008年3月刊。

第2部がこれで幕、らしいです。
第3部はいつ始まるのかわかりませんが。

とりあえず、「お母様」が生きていたり、「お兄様」の1人が
昔一緒に暮らしていた人だったり、という秘密が明らかに。

このシリーズ、いまいちエヴァの心情に感情移入できないのだけど、
ミシェルとルウも含めて、今後どうなっていくのやら。
posted by ルゥ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | 記事編集

2009年07月16日

誰がための探求 英国妖異譚17

篠原美季、ホワイトハート、2007年12月刊。

何だか表紙の2人が別人?

久しぶりにアレックス・レントが登場。
こうしてみるとユウリっていろんな人に好かれてるんだなぁ。

エドモンド・オスカーと2人で調査を始めるユウりだったけど、
横からアシュレイに掻っ攫われて(というか、オスカーが置き去りにされて)、
やっぱりなかなか上手くは行かないようで。

最後には自分の能力の秘密をオスカーに見せてしまうけれど、
この2人はこの後も変わらずにやっていきそうですね。
posted by ルゥ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | 記事編集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。