2009年07月01日

アンギヌムの壺 英国妖異譚15

篠原美季、ホワイトハート、2006年12月刊。

シモンの弟アンリや妹シャルロット&マリエンヌの話題が登場したけれど、
「水晶球を抱く女」のエピソードをかなり忘れていて、思い出せない(^^ゞ
また機会があったら再読したいなぁ。

217ページの挿絵の説明がないような気がしたけど、私が読み飛ばしただけ?

エドモンド・オスカーの父親、テオ・ドゥーティーの話も。
オスカーはアシュレイと今後、本格的に関わっていきそうだけど、
どうなるのやら〜。
posted by ルゥ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | 記事編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。