2009年07月15日

風の王国 黄金の檻

毛利志生子、コバルト文庫、2008年12月刊。

何巻か前から2枚のカラーページが挟まれるようになったけれど、
今回は1枚はリジムと翠蘭のラブラブモード(笑)

翠蘭はソンツェン・ガンポの使者としてシャシュンに赴き、リジムの妹であり、
シャシュンの正妃であるセーマルカルと対面。そういえば義理の妹、
っていうのは私にはいないなぁ。下手に同性だと気を遣うから、いなくて
気が楽、でもあるんだろうけど。

慧との久しぶりの再会も平和には終わらず、だけど謎かけっぽい
やり取りは見ていて面白いです。

あちこちで追われながら、ロク・セムジュンとも再会。
この2人の行く末は・・・?
posted by ルゥ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | 記事編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。