2009年07月16日

誰がための探求 英国妖異譚17

篠原美季、ホワイトハート、2007年12月刊。

何だか表紙の2人が別人?

久しぶりにアレックス・レントが登場。
こうしてみるとユウリっていろんな人に好かれてるんだなぁ。

エドモンド・オスカーと2人で調査を始めるユウりだったけど、
横からアシュレイに掻っ攫われて(というか、オスカーが置き去りにされて)、
やっぱりなかなか上手くは行かないようで。

最後には自分の能力の秘密をオスカーに見せてしまうけれど、
この2人はこの後も変わらずにやっていきそうですね。
posted by ルゥ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | 記事編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。