2009年07月18日

銀朱の花 夢の誓い

金蓮花、コバルト文庫、2006年9月刊。

この後に出た本を先に読んで、タージュはおしとやかな女性かと
思ってたけれど、この本を読んで、勝気で元気な女性だったという発見。

ロッカは結構大人になった姿を先に読んでしまったけれど、幼い頃も
これはこれで可愛いですね。

とりあえず、未読のシリーズ本があと1冊あることに気付いたので、
それもまたおいおい借りて読む予定〜。
posted by ルゥ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | 記事編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123881669
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。