2009年10月08日

読み違え源氏物語

清水義範、文芸春秋、2007年2月刊。

本題に入る前に、著者略歴を読んで著者が名古屋出身で愛教大卒という
意外に身近な人だったことに驚きました。

一通りの流れのある作品かと思いきや、全部独立していて設定も全く違う、
短編集のようなつくりになっていました。

*夕顔殺人事件*
千原という男が友人に源氏物語をめぐる推論を話す、という設定。
夕顔は殺された、という設定は他の本でも読んだことがありましたが、
実は死んでいない、という設定は初めてですねぇ。
しかも夕顔の正体は○○だった、なんて斬新ですね。


*かの御方の日記*
葵の上の日記を装った体裁で書かれています。


*プライド*
六条ゆかり、という女優と映画監督の光用(みつもち)陽一との愛執。
最後は娘と一緒に旅立っていく、という設定は源氏と同じでしょうか。


*愛の魔窟*
宇多川朱雄(=朱雀帝)と天野光一(=光源氏)の2人の間で揺れる月子(=朧月夜)のお話。
宇多川大吉(=右大臣)とか佐治頭一(=左大臣)とか宇多川弘子(=弘徽殿)とか
天野壺雄(=桐壺院)とか、連想させられる名前が使われてるのはさすが。
現代でももしこんなドロドロがあったらすごいなー。


*ローズバッド*
バッドって何だろうと思ったら蕾のことでした。
そして舞台はアメリカ、話は末摘花。
最後にジョンがキャシーにプロポーズするところがへぇ、と思いました。


*うぬぼれ老女*
タイトルからわかるように、源典侍の話。
一人称で語られていて、あまりこれまで深く関わってこなかった
彼女の心情ってこんな感じだったのかなー、と思わされました。


*最も愚かで幸せな后の話*
今回は藤壺だけど、フジツボーシャとかピカリッペとかちょっと名前は変。
藤壺は物事を深く考えられない女性、というスタンスで書かれているけれど、
実際のところはどうなんだろう、と物語ながら考えさせられます。


*ムラサキ*
リゾートマンションを営む干刈(ひかり)源一がムラサキという植物を育てる話。
愛情を込めて育てるのは、恋のようなものかもしれませんが、ある日
元の会社の社長から若菜を育てて欲しいと頼まれ・・・。
最後のオチが、本編を連想させてなかなかいい感じでした。
posted by ルゥ at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 古典文学 | 記事編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130034453
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。