2011年10月11日

ひとがた流し

ひとがた流し (新潮文庫) [文庫] / 北村 薫 (著); 新潮社 (刊)
ここしばらく読んでなかった北村薫。
この前、「1950年のバックトス」を読んでちょっと挫折して、
その次に読んだのがこの本だった。

読み始めた時、章ごとに視点が変わるのと、特に人物紹介もないから
ちょっと人物関係を整理するのに時間がかかった。

中盤まで来て、やっとつかめたなと思い始めたら、衝撃の展開。

……え、そんな話だって裏表紙に書いてなかったよね!?

終盤は、涙なしには読めなかった。

千波の運命に泣きたい。
でも、こんな親友を持てたことがとても羨ましい。

私は40代になった時、何かあった時に頼れるような友人はきっといない。
というか現在でも、何かあった時に頼れるような友人はいない。

p.377の《やり直せないことが好きだ》って台詞が一番胸に刺さった。
あの時に戻ってやり直せたらどんなにいいだろう、と思い続けて
早12年の私には、とても痛い台詞だった。

2度読みしてみて、あーこんなところに伏線が張られてたのか、
というのはまた読み返す味わいがあった。

この本のレビューはどんな感じなのかなーと思いながらネットサーフィン
してたら、この話、2007年にドラマ化されてたと知って驚いた。

石川千波:沢口靖子
水沢牧子:松田美由紀
日高美々:高木美保

らしい。
私のイメージとしては、牧子と美々のキャスティングは逆じゃないかなー、
という気もする。千波は言われてみると、「あぁ、この人なら」と思った。


更に驚いたのはこの話、「月の砂漠をさばさばと」の続編だったということ。
昔読んだけど、そんなつながりがあったとは!!

確か買ったような気がするけど…と段ボール箱を開いて探したら、出てきた。
うわぁ懐かしい〜、と思いながら再読。

しかもこの話には後日談があって、それが「1950年のバックトス」に
載っていると知った。えー、途中で挫折したけど、最終話だったの!?
じゃあまた今度図書館に行ったら読んでみよ。


タグ:北村薫
posted by ルゥ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生き方 | 記事編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。