2005年03月01日

マリア様がみてる インライブラリー

今野緒雪、コバルト文庫、2005年1月刊。

この本も短編集。
今の話と過去の話が交互に出てきてます。

「図書館の本」は話のつくりが、森博嗣のS&Mシリーズの一冊と同じで、
読み終えた時「おぉっ!」と思いました。
私も見事にひっかけられたな……、と思いつつ。
でも正確にはどの本だったかが思い出せない……。
読めば「これだ!」ってわかる自信はあるのだけど。
posted by ルゥ at 03:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | ライトノベル | 記事編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2389019
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。