2005年03月21日

ハチミツとクローバー

羽海野チカ、集英社クイーンズコミックス。

前に1巻を途中まで立ち読みして何となくそれっきりだったけど、
今回一気に7巻まで読んで思いっきりハマってしまった、ちょっとドキッとさせられた作品。
「自分の一番好きな人が」
「自分の事を一番好きになってくれる」
たったそれっぽっちの条件なのに
どうしてなの
永遠に揃わない気がする
このままずっと
ずっと
確か2巻の、山田さんのモノローグ。
何となく身につまされた言葉でした。タイミングいいというか何というか。
いやまだ今日でよかったとも言えるのかもしれませんが。

それぞれの想いが交錯するさまは切ないですねー。
現在7巻まで出てますが、きっと完結するまで追い続けると思います。
posted by ルゥ at 23:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | コミック | 記事編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2584035
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。