2008年07月13日

花より男子F(ファイナル)

http://www.hanadan-final.jp/

名駅のピカデリーで観てきました。
ドラマも原作も一通り観ていたけれど、オリジナルストーリー、
ってことでどんな感じなのかドキドキしつつ。

前の回の残り数分、っていうところでドアの前で待ってたら
ちょっと音が漏れて聞こえてきてしまった。
何か、つくしが「○○ようにーっ!」って願いをかけてる?
っていうのが印象に残った。

ストーリーは司がつくしとの結婚を発表したところからスタート。
高橋ジョージはテレビの前を通りすがっただけだったなぁ。
あのお店、もしかして秋葉原のヨドバシカメラ?と思ったけど違うか。

婚約の証のティアラを盗まれてからのアクションシーンが迫力。
わかってはいても、やられるんじゃないかと思ってドキドキ(>_<)
かと思えば、部屋に戻ってきたら何事もない!?

私は道明寺たちが追いかけて行った後に大至急で部屋を修復したんだと思ったけど、
同行者のダンナさま(?)は別の部屋に案内した、って意見が合わなかったな…。

この後、ティアラ泥棒を追いかけてラスベガスへと渡る2人。
海外に新婚旅行に行ったらこんな感じで車を運転するのかなー?と思った。
私たちは国内で済ませることにしたから関係ないけど。

滋と再会したと思ったら、滋の待ち合わせの相手はホテルのオーナー。
最初、竹中直人が出てくるのかと思ったら、藤木直人だった(^_^;)
(ナオトとナオヒト違いだった…)

藤木直人、95年の映画版では類をやってたらしいですね。
私は今のところ、見たことないけど。

後でつくしに妻との離婚の経緯を語るシーンはいろいろ考えさせられるなぁ。
自分の夢に、相手はいるのか、と。迷うこともそりゃ、あるでしょ。
とわからなくもない。私もここに来るまではいろいろあったし。

ラスベガスから次は香港に渡って一度はティアラを入手するも、
飛行機の中で奪われてしまう。ていうかベッキーの出演もあれだけ?

そして辿り着いた無人島。海がすごく綺麗〜ぴかぴか(新しい)
後で何かで読んで知ったけど、宮古島だったそうで。
沖縄は3ヶ月後に行くことになってるけど、本島だけの予定だしな。

クレジットカードを割ってナイフ代わりにしたのがすごい。
でもそんなので髭を剃って大丈夫なのか?あせあせ(飛び散る汗)

飛行機の中、夢の話をしてる途中で眠ってしまったけれど、
海辺でのシーンはすごかったなぁ。キャーッハートたち(複数ハート)、って感じ?(笑)

それから土星のペンダントをなくして、探し回るつくし。
あんなところでなくしたら二度と見つからない気がするけど…
そこで見つけるのはやっぱりドラマのお約束、か(笑)
熊に襲われかけたり、ってホントすごい環境だな。

aikoの「Kiss Hug」、ペンダントを探すシーンにちょこっと使われただけで、
1回観ただけだと終わった後にどんな曲だったか印象に残らなかったな。

最後には京都に戻ってきて、ティアラとご対面。
…と思いきやあれは最初っから存在しない!?(驚
ていうか、仕組んだのはつくしの親たち!?

いやー、それはさすがに予想外だったな。
娘の命を危険にさらしてまで、っていうのはちょっとどうかな
って思う部分もあるし。

謎の紳士は結局、最後まで割と謎のまま。
道明寺のお母さんと昔、一体何があったのやら。

つくしと道明寺の結婚式は、懐かしの恵比寿ガーデンプレイス。
真っ赤で長いバージンロード、すごかったなぁ。
髪型はちょっと変わった感じだったけど、あの土星のペンダントは
ちゃんとここでもつけてるんだな、とほっこり。
って思ったら、牧師さんがいつの間にか類に入れ替わってた!(笑)
最後の最後にやらかしてくれた、って感じ。

1年後、思い出の島で2人でいる時。
そういえば、お前の夢は?って話になったのだけど。
ここで、つくしがお腹の中の赤ちゃんに対する願いをかけたのか、って納得。

主題歌の「One Love」もいい感じで、最後まで聴いてしまった。
割と映画を観てる時って残り時間が気になって時計をちょくちょく見るけど、
今回はとにかく他のことは考えないで見ていたい、とのめりこんだ映画でした。

うん、いいひとときだったムード

--------------------------------------
ここからは蛇足。
映画を観終わった後、エレベーターの前のポスターに釘付け。
名古屋市内の各地を舞台にした映画が間もなく上映、って。
よく知ってるお店が写ってたからびっくり。
名前は「ビルと動物園」。そう、メインの舞台は東山動物園!
気にはなる映画ですが、そう続けて映画館に行く余裕はないので今回は断念しました。

http://www.ncvb.or.jp/new/?p=370(←舞台が羅列されてます)
http://www.biru-to-doubutsuen.jp(←公式サイト。音が出るので注意!)
posted by ルゥ at 20:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 記事編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。