2005年10月09日

四月の雪

公式サイト→http://www.aprilsnow.jp/

タイトルだけ聞くと、何となく儚くてロマンチックなイメージでしたが、
実際はダブル不倫、なんですよねぇ(^_^;)

お互いの伴侶に裏切られて……、という成り行きはわからなくもないんですが、
うーん、でもやっぱり不倫かぁとちょっと思ってしまいます。

話は淡々と進んでった感じですね。
それなりに話に山と谷はあったんですが、引きずられることはなく、
客観的に観ることができました。

最後の最後辺りが、少し話が抽象的で複雑な感じで、
「は?」と思ってるうちに終わってしまった映画でした。

これは確かに、解釈が分かれそうな映画だな……、と思ったんですが、
9回見たという方の話を聞く機会があって、
「へぇ、そんな意味があったのか……!」と目から鱗でした。

でも、「は?」と思ってしまった理由の1つは、
同行者が途中から眠ってたから、でもあります(笑)
さて起こそうかどうしようか……、とかいろいろ気になって、
画面に集中しきれなかったんですよね〜。

……って別に責めてるわけじゃ全然ないんで、気にしないでくださいな。
これはこれで、楽しい(?)体験が出来たなぁと思ってるので(^^)

最後の最後にどうでもいい話なんですが。
主役の某Y様(笑)は、角度によって、何となくハチクロの真山君に見えました。
……ってそんなことを思うのは私だけでしょうか?
フレームのメガネと、髪型が何となくそれっぽい気がしたんですが。

ちなみにハチクロ、っていうのは羽海野チカさんの「ハチミツとクローバー」の略です。
でもアニメの公式サイト(http://www.hachikuro.net/)では、
真山のモデルはスガシカオさんだと書かれてました……。

館内は主婦のオバ様方(らしき人)が多く、
根強いファンはいつまでも健在なのかなぁと思わされる映画でした。
posted by ルゥ at 09:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | 記事編集
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/7931151
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。